-

「2017三越英国展」9日目。

こんにちは!
三越英国展9日目、新しい写真が届いたのでご紹介しま〜す♪

Part2から始まった、『バルドリーズ・ティールーム』、満席御礼のようです。

バルドリーズ・ティールームオーナーのアリソン・ウォーカー氏じきじきに、目の前で焼いてくださってますよ矢印上

スコーンがとっても大きいですね〜

ぜひ、食べに行ってみてくださいねき

a. レモンメレンゲパイセット 1人前、2,268円(各日80セット限り)
b. クリームティー  1人前、1,801円(各日200セット限り) 

三越 英国ウイーク
2017年9月6日(水)〜19日(火)
日本橋三越本店 本館・新館7階 各階
PART 1 
2017年9月6日(水)〜12日(火)
※9月12日(火)は午後6時終了、イートインは午後3時終了。
日本橋三越本店 本館・新館7階 催物会場
PART 2
2017年9月13日(水)〜18日(月・祝) ※最終日午後6時終了。
日本橋三越本店 本館7階 催物会場
詳しくは→三越英国展スペシャルサイト
Event

「2017三越英国展」6日目。

こんにちは!

英国展、6日目を迎えましたが、とても賑わってるようですね。

バーレイもたくさん売れているようです。

英国展にはアントロに載っていない、定番外のレアものを持って行ったりしていますよ〜♪

ところで、13日からのPART2では、バーレイの食器を使った イートインコーナーが登場するという情報が入ってきましたよ!

『バルドリーズ・ティールーム』。

日本橋三越英国展HPより

グラスミアにある、湖水地方で人気ナンバーワンのティールーム。
英国伝統菓子の心を伝えるのは、オーナーのアリソン・ウォーカー氏。
彼女が焼くざっくりとしたスコーンや、スペシャリテであるレモンメレンゲパイが名物です。

a. レモンメレンゲパイセット 1人前、2,268円(各日80セット限り)
b. クリームティー  1人前、1,801円(各日200セット限り) 

これらが、バーレイの食器でいただけるようです。
レモンメレンゲパイ、美味しそう!!!

 

昨年は、ジュリスティールームがイートインでバーレイを使ってくださり、とっても人気なコーナーでした。

今年はジュリスティールームは、英国展期間内にイートインには出ず、12日までのPart1でスコーンの販売をされているようですがなんと、9月22日から三越日本橋でティールームをオープンされるそうですよハート

いま、ハロッズのティールームがあるところです。

そこでもバーレイの食器を使っていただけるようです。
これからはいつでも、樹里さんのスコーンが食べられますね!

楽しみです矢印上

 

三越 英国ウイーク
2017年9月6日(水)〜19日(火)
日本橋三越本店 本館・新館7階 各階
PART 1
2017年9月6日(水)〜12日(火)
※9月12日(火)は午後6時終了、イートインは午後3時終了。
日本橋三越本店 本館・新館7階 催物会場
PART 2
2017年9月13日(水)〜18日(月・祝)※最終日午後6時終了。
日本橋三越本店 本館7階 催物会場
 詳しくは→三越英国展スペシャルサイト
Denby

『Studio Craft/スタジオクラフト』新登場!

こんにちは!

久しぶりのお日様がとっても嬉しいですね♪

三越英国展も3日目のたけなわですが!

今日はDenbyのニューフェイスのお知らせです。
『Studio Craft/スタジオクラフト』。

木目カラーをモチーフにした、4色の色調のグラデーションが美しいシリーズです。
ナチュラルで、飾り気のない、素朴な感じ。
薄い方から、 バーチ、エルム、チェストナット、ウォールナットと名前が付いてます。

アイテムも豊富に揃っています。

佐倉マナーハウスでも展示しておりますが、お客様の反応はとっても良いです。

ほっこりして温かみのある色合いと美しいグラデーションは、このだんだん涼しくなってくる季節の気分にぴったりで、つい手に取ってしまいます。

価格も手頃で、家族分揃えたくなっちゃう!

オススメは、リッジボウル。

これはDenbyの中でスタジオクラフトにしかない形で、丸く深みのある形。

パスタ皿のように、めいめい皿として家族分揃えたくなるアイテムです。

一見和食器のようで親しみやすいですが、実際に手に取ると大きくどっしりとしていて、日本製ではないダイナミックさを感じます。

そしてDenby特有の釉薬による、ツヤツヤ感!

スタジオクラフト、うめだ阪急英国展での先行販売が決まっておりますが、ANTROでは予約販売を開始しています。

10月中旬、英国展が終わり次第、順次発送する予定です。

予約はこちらからどうぞ!

『Studio Craft/スタジオクラフト』