先週土曜日、12月3日は第4回目の依田弘子先生の紅茶教室でした!

今回も、参加したスタッフMちゃんのレポートから様子をお伝えします。


今年最後の紅茶教室のテーマは、『英国流アフタヌーンティーパーティー・実習編』

ティーパーティーですのでいつもの紅茶教室とは違い、きちんとテーブルセッティングもして、生徒さんをお迎えしました。

食器はもちろんバーレイ。

アジアティックフェザンツのプラム系、ピンク系、ブルーミックス、キャリコ、ブラックミックスのテーブルを作りました。



普段は、クロスなどひかずに味のあるパインテーブルが並べられたティールームですが、今日は特別です!

生徒さんたちも、いつもより少しドレスアップしてご来場♪

まずは、先生が作ったクリスマスティー(前回11/12「オリジナルクリスマスティーを作ろう」のおさらいですね)ウェルカムティーをいただきながら、アフタヌーン・ティーパーティーの始まりと歴史を教えていただきました。


右奥にいるのは、我が社の社長。
マジメに聞いていますね。

それからティーパーティーのテーマに沿ったテーブルセッティングやティーフードの選び方を教えてくださいました。

そしていよいよ実践編です!

今回用意されたのは、英国式の伝統的なティーフード。

キューカンバーサンドイッチ(キュウリのサンドイッチ)とスコーン、焼き菓子のペイストリー。

ティーフードの盛り付けの基本は、「豪華にたっぷりと」ですって!
聞いただけでテンション上がりますね♪


教えられた通り、サンドイッチは手でつまんでいただきました♪

サンドウィッチの上にはパンの乾燥を防ぐためのカイワレがのっていて、彩りも綺麗です!

次に温かいスコーンをクロテッドクリーム・ジャムをつけていただきました。
スコーンは手で半分に割ってクロテッドクリーム・ジャムを全面ではなく少しづつナイフでつけてお上品にいただきます😅

最後にペイストリー(焼き菓子)をいただきました。

焼き菓子は、季節のフルーツタルトなどボリュームがあるもの、甘いものと塩味のものが用意されていました。

ここまでお皿に取り分けていただくのに使うのは、左手のみ。
右手はティーカップを持つので、汚れないようにするのがお作法だそうです。

へえ〜、知らないことばっかりだ!

いただいた紅茶は、フォートナム&メイソンのガーズでした。

アフタヌーン・ティーパーティーはお招きする方を思いながら準備して、最後まで気を配りお客様に楽しんでいただく。


さりげなく、こんなおもてなしが出来るようになれたら素敵ですね…✨


ティーパーティーには、ただお客様を招くだけではなく、確かな技術と知識が必要なんですね。

みなさん、とても優雅で素敵な時間を過ごされたようです。


中には、福岡からわざわざお越しいただいた方もいらっしゃいました!


予定していた紅茶教室はこれで全部終了しましたが、

まだ未定ですが、たいへん好評だったので、もしかしたらまた来年も開催するかもしれません。


また、ご案内しますね!