私は17歳の時からパンツをはいて寝たことがない。


それは3軒目のホームステイ先で日本を離れて8か月が経っていたころだった。その家は大きな川を見下ろす丘の上に


建ったコンクリートの要塞のような家だった。窓からは大砲は出ていなかった。



 

西洋人は夜お風呂に入らない。その代わり朝起きてシャワーを浴びる。


そのホームステイの家は3つのバスタブ付きのバスルームがあったが家族全員、お風呂に入らずに朝シャワーを


浴びていた。これはそれまでのホームステイ先でも同じだったので私の慣れた生活パターンとなっていた。


 

その家族には3人の子供がいたが大きな家には子供部屋は3つしかなく、私は末っ子のアンドルーと部屋を共にすることに


なった。5歳のアンドルーはとてもわんぱくだったが、私より英語がうまかった。


 

ある夜にそろそろ寝ようとズボンを脱いでパジャマを着たのだが、突然アンドルーが私のお尻に後ろからハサミを


さすのである。私は驚いて “アンドルー、ヤメテクレ“ と止めるのだが止めようとしない。”ナンデナンダ?“と


聞くと彼は “パンツをはいている” と言うのである。


その夜に西洋人の男性はパンツをはかずに寝ていることを初めて知ることになった。(女性には聞いたことがないので


分からない)つまりその日に着た服を全部脱いでパジャマを着て寝るのである。これは書物には書いていないのである。


 

全ての家にはバスタブがあるが、使用せずにシャワーを使うのは一体どういうわけかを聞いたことがある。


一緒に仕事をする45歳のダニエルに “風呂に入ったことはあるか?” と聞いたところ“子供のころ2回ある。”と言っていた。


 

西洋人のお風呂というのは、子供が土曜日の朝のサッカーの試合で足を痛めた時に熱い風呂に入ってマッサージをするため。


そして旦那が出張で留守の夜、女房がバスタブの3つの角にろうそくを立て、最後のコーナーには“アロマキャンドル”を


置く。そのキャンドルにはこう書いてある。“ラベンダー&ベルガモット”(心の疲れを癒したいあなたへ)


ほとんどの場合は冷たく冷えたシャンペンを持ち込み優雅な“一人の夜”を楽しむ場所なのである。


 

シャワーを浴びるときに気が付いたのは西洋人は体を洗うのにタオルを使用しない。日本人のようにタオルでゴシゴシしない


のである。片手にせっけんを持って体中を泡だらけにしてそれを洗い落とすだけで終わるためあまり時間が掛からない。


これも書物には書いていない。


 

9世紀の英国では中産階級の家でもお風呂はなかった。また日本のように銭湯もなかった。お風呂の語源になったBath


にローマ人が作った温泉風呂は王侯貴族のための温泉療養所であり庶民の公衆浴場ではなかったのである。


 

寝室には大きなジャグとベイスン(たらい)があり、寝る前にジャグの水をたらいに入れて顔を洗い体を拭いていたのである。中産階級はほうろう製、上流階級は高級な陶器製であった。また各家庭には大きな楕円形のたらいがありそれにお湯を入れて体を洗っていた。


 

産業革命後の急激な人口増加とペストなどの疫病の流行で政府は公衆浴場建設の必要性を認め1845年には一般向けの公衆浴場を 開き、1915年には全国50万か所で庶民がお風呂に入れるようになった。


江戸ではまだ徳川幕府ができる前の1591年には公衆浴場ができている。江戸時代はそこら中銭湯があって庶民の憩いの場を

提供していた。どうも日本人は英国人よりはお風呂が好きだったようだ。