事件は1858年夏に起こりました。

 

当時のロンドン人口はすでに400万人を超えています。 

 

水栓トイレが急激に増加していましたが

汚水は浄化されずにそのまま道路の排水溝からテムズ川へ流されていました。

 

屠畜場を含む産業排水などが流されたテムズ川は川そのものが下水道になっていました。

 

その夏は気温36度と異常に暑い日が続き、全然雨が降りませんでした。

 

テムズ川へ流された汚物や生活排水は水量不足で川下に流れず、

満潮時にはなんと動物の死骸などと一緒に川上に戻ってきたのでした。

 

 

 

 

と同時に大変な悪臭が街を襲い始めます。

 

その“大悪臭”(The Great Stink)のためイギリス議会は

議員がハンカチで鼻を押さえて議場をオックスフォードへ移すことを真剣に議論しました。

 

同時にロンドン市の行政を動かし本格的な下水道建設が決まったのです。

あまりの臭いにこの建設に反対する人はいませんでした。

 

 

 

1863年に全長1700kmの下水道が完成しました。

 

現在でも使用されているレンガ造りの下水道ですが、

今度はこの下水道を住処(すみか)とする大量のネズミが発生したのです。

そしてそのネズミは市民の台所を襲い始めました。

 

 

当時、市民は主食であるパンを木箱に入れていました。

 

が頭の良いネズミは木箱の蓋を開けてパンを食べていました。

 

なんとかパンをネズミから守ろうとしてできたのが“ほうろう製のブレッドビン”です。

 

これはほうろう引きされた鉄製のため、ふたが重く、保管されたパンをネズミから守ったのでした。