岩谷好和です。

 

前回から汚い話ばかりでスイマセン。



ロンドンの下水道工事が始まったのは1855年です。

前年に日本ではペリー提督率いる軍艦7隻が浦賀にやってきて江戸はてんやわんやの
頃でした。



それまでのロンドンの家庭にはトイレはありませんでした。

各家庭には Chamber Pot、通称 ポティーと呼ばれた“おまる”がベッドの下にあ
り、それに用を足していました。

 



労働者階級はほうろう製、上流階級はウェッジウッドやロイヤルドルトンなどの陶器
製でした。








住宅の前の道には幅4メートルほどの下水溝が流れており、おまるが汚物で一杯にな
るとその下水溝に捨てていました。

なんとその水路は道の真ん中を流れています。問題は多くの市民はそこまで汚物を運
ぶのが面倒で、窓から下の道路に

投げ捨てていたことです。



道路上に汚物があふれていたため、窓の下を歩く人がそれを踏まないようにハイヒー
ルを発明したとか、つばの広い帽子を

かぶったという笑えない話があります。



幕末に日本を訪問した欧米人が江戸の町を歩いて驚いたのは町が極めて清潔で汚物が
道にないことでした。文明開化前の

日本は自分たちの国より汚いと思っていたのです。



ヨーロッパでは家畜の糞を農業肥料として利用していましたが、人糞はただのゴミと
して排水溝や川へ廃棄されていました。



家畜の少ない日本では人糞を肥料として農業生産力を高めたため、人糞は換金価値の
ある貴重なものだったのです。

“汲み取り式便所”は1950年代に至るまで利用する“資源循環再生型社会” が
できていたのです。