どうも!

タスマンインターナショナルの社長、岩谷好和です。

 

時は18世紀初めです。

スペインの貨物船が嵐で航行不能になり、
英国スコットランド東部の小さな港町、
Dundeeの沖合で座礁しました。

この船には大量のセヴィルオレンジが積まれていました。

母親( Janet Keiller)が町で食料品店を営む一人息子のJamesは
船内で腐り始めたこのセヴィルオレンジを
格安で仕入れて一攫千金を狙ったのです。

Jamesはこのオレンジが薬品製造や化粧品用として
スペインから輸入されていたもので
食べられるものではないことを知りませんでした。

母親の Janetはすぐにこのオレンジは食べられないと気が付きましたが
すでに大量の腐りかけたセヴィルオレンジは浜に揚がっています。

これは何とかするしかないと考えたJanetは
すぐにその苦いオ レンジを大きな鍋に入れて砂糖と一緒に煮たのでした。

これがイギリスでマーマレードができた始まりと言われています。

キーラー家の台所 で作られたマーマレードが世界で初めての
マーマレード工場で製造が始まったのは1797年でした。

Jamesはこのマーマレードを陶器の瓶に入れて販売を始め
大きな成功をおさめます。

彼は “James Keiller & Sons ”という会社を設立して
母親が始めたオレンジマーマレードを英国中で販売したのでした。

 

マーマレードの語源はいろいろな説がありますが
この時にJanetが浜に揚がったオレ ンジを家まで運ぶ息子を叫んだ
”メアー マラード”(メアー、私の息子よ!)が語源だと
スコットランドではユウリョクなのです。