社長のはなし

社長のはなし 英国アンティークの源流-ハウスクリアランス

4月、庭の緑が濃くなり木々の間からもれる光がまぶしくなる朝に88歳のジョージは

静かに息を引き取りました。6か月前に医者からすい臓がんで “余命は6か月” と宣告されていましたが

その通りになったのです。医学は進歩したものです。

 

60年前に同じ高校の教師であった3歳年下のステラと結婚して教師をしながら2人の子供を

育ててきました。ステラはジョージの後を追うように3か月後に脳梗塞で神に召されたのです。

 

二人の住む家は曽祖父が160年前に建てたもので小さいがダブルブリックスの厚い壁でできた

しっかりした造りです。曽祖父、祖父が使ってきた家具や調度品は家の一部となっています。

若いころから古いものを大事に使ってきたジョージとステラの家にあるものはその全てがアンティークです。

 

定年後に好きなアンティークを町の公民館で販売を始めたのは自然な流れでした。毎月1回小さなテーブルに

のるだけのアンティーク小物を家から運び、仲間と楽しいひと時を過ごすのが老後の楽しみでした。

 

母親ステラの葬式を終えた息子のジョンと娘のメアリーはこの古い家の中に埋まった家具や調度品をどうするかを

話し合いました。離婚調停専門弁護士のジョンはロンドン市内のモダンなコンドミニアムに住み、倒産した会社の

更生を専門にする会計士のメアリーは郊外の大きな家に住んでいます。それぞれの家には山ほどの家具と調度品があります。

問題なのは二人ともアンティークに全く興味がないことでした。

 

冬は寒く夏は暑い160年前の古い家に興味の無い二人はその家を売却処分することにしました。が家として売却する

ためには中を空っぽにする必要があるのです。二人は家にあるものすべてを処分するために町にある“ハウスクリアランス

会社“を呼びました。なんの価値もないと思っていた家具や調度品は二人が驚くほどの金額となったのです。

 

二人は思い出となる両親の何枚かの写真以外はすべてをその業者に託しました。彼らには1860年のオーク製バーレイツイストテーブルも1880年のウォールナット製ガラスキャビネットは何の価値も持っていないのでした。

 

“ビジネス”を得た業者は家の中から文字通りすべてを箱に詰めて大きなバンで運び出しました。慣れたもので台所の

お鍋やフライパンは一つの箱、プラスチックのキッチンウエアはまとめて同じ箱という具合に仕分けをしながら

運び出します。

 

キャビネットの下に1950年に贈られたアーサープライス製シルバーカトラリーセットが箱に入ったまま発見されると

大きな成果となるのです。

どの町のハウスクリアランス業者にもそれぞれの分野でアンティークディーラーがつながっています。家具専門、

台所用品専門、ガーデングッズ専門などのディーラーは運び出されたアンティークをすぐに仕入れに行くのです。

 

値段が付かないものはチャリティーとして寄付され、ディーラーが買わないものは通常毎月開催される古物オークション

で販売されます。なんとジョージとステラの家から運び出されたキッチン用品が箱のままオークションで売却される

のです。このオークションは基本的に処分のために開催されるもので高く売るためではありません。

 

よってしばしば10ポンドでスタートしたオークションが最初から値段が付かず、だんだん値段が下がっていくことが

あります。私もひと箱10ポンドの雑貨が10ポンドから値段が下がり、最後は1ポンドであるディーラーが嫌々ながら

買ったのを見たことがあります。

 

英国でふんだんにアンティークが出回るのは、英国人が古い家に住み、古いものを大事に使い、またその英国人が

毎年亡くなるからなのです。

社長のはなし

社長のはなしァ_漆綟擦肇優坤澆肇屮譽奪疋咼鵑隆愀

事件は1858年夏に起こりました。

 

当時のロンドン人口はすでに400万人を超えています。 

 

水栓トイレが急激に増加していましたが

汚水は浄化されずにそのまま道路の排水溝からテムズ川へ流されていました。

 

屠畜場を含む産業排水などが流されたテムズ川は川そのものが下水道になっていました。

 

その夏は気温36度と異常に暑い日が続き、全然雨が降りませんでした。

 

テムズ川へ流された汚物や生活排水は水量不足で川下に流れず、

満潮時にはなんと動物の死骸などと一緒に川上に戻ってきたのでした。

 

 

 

 

と同時に大変な悪臭が街を襲い始めます。

 

その“大悪臭”(The Great Stink)のためイギリス議会は

議員がハンカチで鼻を押さえて議場をオックスフォードへ移すことを真剣に議論しました。

 

同時にロンドン市の行政を動かし本格的な下水道建設が決まったのです。

あまりの臭いにこの建設に反対する人はいませんでした。

 

 

 

1863年に全長1700kmの下水道が完成しました。

 

現在でも使用されているレンガ造りの下水道ですが、

今度はこの下水道を住処(すみか)とする大量のネズミが発生したのです。

そしてそのネズミは市民の台所を襲い始めました。

 

 

当時、市民は主食であるパンを木箱に入れていました。

 

が頭の良いネズミは木箱の蓋を開けてパンを食べていました。

 

なんとかパンをネズミから守ろうとしてできたのが“ほうろう製のブレッドビン”です。

 

これはほうろう引きされた鉄製のため、ふたが重く、保管されたパンをネズミから守ったのでした。

 

社長のはなし

社長のはなし 19世紀イギリスのトイレ事情

岩谷好和です。

 

前回から汚い話ばかりでスイマセン。



ロンドンの下水道工事が始まったのは1855年です。

前年に日本ではペリー提督率いる軍艦7隻が浦賀にやってきて江戸はてんやわんやの
頃でした。



それまでのロンドンの家庭にはトイレはありませんでした。

各家庭には Chamber Pot、通称 ポティーと呼ばれた“おまる”がベッドの下にあ
り、それに用を足していました。

 



労働者階級はほうろう製、上流階級はウェッジウッドやロイヤルドルトンなどの陶器
製でした。








住宅の前の道には幅4メートルほどの下水溝が流れており、おまるが汚物で一杯にな
るとその下水溝に捨てていました。

なんとその水路は道の真ん中を流れています。問題は多くの市民はそこまで汚物を運
ぶのが面倒で、窓から下の道路に

投げ捨てていたことです。



道路上に汚物があふれていたため、窓の下を歩く人がそれを踏まないようにハイヒー
ルを発明したとか、つばの広い帽子を

かぶったという笑えない話があります。



幕末に日本を訪問した欧米人が江戸の町を歩いて驚いたのは町が極めて清潔で汚物が
道にないことでした。文明開化前の

日本は自分たちの国より汚いと思っていたのです。



ヨーロッパでは家畜の糞を農業肥料として利用していましたが、人糞はただのゴミと
して排水溝や川へ廃棄されていました。



家畜の少ない日本では人糞を肥料として農業生産力を高めたため、人糞は換金価値の
ある貴重なものだったのです。

“汲み取り式便所”は1950年代に至るまで利用する“資源循環再生型社会” が
できていたのです。