イギリスアンティーク

「暮らしの中の骨董マーケット」

今日8月16日から、半年に一度開催される、西武池袋の『暮らしの中の骨董マーケット』に出店してまーす。

佐倉マナーハウス&倉庫から、今月輸入仕立てほやほやの商品を盛りだくさんで持っていってます!

トリオやプレートなどビンテージ食器、あらゆるビンテージ雑貨、今回はチェアやサイドテーブルなどの家具もたくさん。

 

足がネジネジのサイドテーブルなどは、マナーハウスでも人気ですぐ売れてしまいます。

ビューロー(本棚)も、ちらっと写っていますね。

佐倉は遠くてなかなか来られないお客様、 雨がすごいですが、遊びに来て下さいね!


【会期】 2017年8/16(水)〜22日(火)
【会場】 西武池袋7階(南)=催事場
※最終日2月22日(火)は、当会場のみ午後5時にて閉場いたします。
詳しくはこちらから!→『暮らしの中の骨董マーケット』
イギリスアンティーク

MINTON 春色のビンテージトリオ&ティーカップ

こんにちは!

昨日の突然の稲妻&大雨とは打って変わって、今日は穏やかな陽気。
桜の蕾も一気に開来そうですねはーと

さて、久しぶりにビンテージトリオを数点、アントロにアップしました!
しかも、春を感じさせるようはお花いっぱいのパターンばかりです。

その中のひとつ、MINTONの "MARLOW/マーロウ"をご紹介します。

初夏の草花をモチーフとしたマーロウ、ネーミングの通りバラやコスモス、パンジーなど春の花がちりばめられたデザインです。

全体を縁取る金彩がとてもゴージャス。
使用感はほとんどなく、金彩も綺麗に残っていて、状態がとても良いです。
ソーサーは深めで、3cm近くあります。
しかも2セット揃っています!

そして、ミントンといえばこの形、波打って螺旋を描いているようなシェイプ。
このウェーブが可憐さをプラスしています。
「ファイフ・シェイプ」と言い、100年以上も前から作られている形です。

ミントンの代表とも言える、1948年から続く有名なハドンホールもこの形ですね。

↑ちなみにこちらもアントロで販売中です。
基本のグリーンに、ブルーも揃って4セットあります♪

イギリスの古城・ハドンホール城のタペストリーの図案を元に作られたこのハドンホールも、春にぴったり。
パッションフラワーやカーネーション、パンジーなどの花々が12色の絵の具を使って贅沢に描かれています。

ミントンは1968年にロイヤルドルトン社へ吸収合併され、2005年にはウォーターフォード・ウェッジウッド社と合併。

そして2009年の夏に日本から撤退してからは、百貨店でも見かけることが少なくなり、日本では手に入れることが困難になったミントン。

セットで揃っているのはとても貴重です!

春のテーブルを一新してはいかが?

『ビンテージ カップ&ソーサー
MINTON HADDON HALL/ハドンホール 
ブルー&グリーン』

『ビンテージ トリオ
『MINTON  MARLOW/マーロウ』

追記:マーロウ、完売しました! (4/17)

イギリスアンティーク

春色♪ Susie Cooper 『Blue Gentian』

こんにちは!

前回に続き、ビンテージ・スージークーパーのご紹介。

1959年に発表された、スージー・クーパー Blue Gentian "ブルージェンション"。

落ち着いた色合いで、美しいリンドウの花が描かれています。
ウエッジウッド移籍前の、貴重なシリーズです。

プレート23cm&25cmが5枚づつ、
それから幅36cmの大きなオーバルプレートに、
蓋つきのスープチュリーンが揃っています。

どれも貫入もなく、コンディションはとっても良いです。
爽やかで春らしいテーブルになりそうです。

商品ページはこちら↓↓

スージークーパー
Blue Gentian 「ブルージェンション」
プレート23cm&25cm
オーバルプレート36.5cm
蓋つきチュリーン

 

 

しかし。。。。

あら?
どこかで見たことあるわ。。。

 

 

あ!
バーレイのコロネーションメドゥに似ている!

と、私も思いました。
淡いグリーンの縁と、センターにお花が描かれているので似ていますよね。

コロネーションメドゥの方がずっと後です。
ちょっとスージーを意識したのかもしれませんね。